ホーム > 小児矯正のメリット

小児矯正のメリット

小児矯正のメリット

小児歯科矯正とは?

「小児歯科矯正」という言葉を聞いて、どんなことをイメージしますか?
矯正用のワイヤーを歯につけるお子さまの姿でしょうか。「100万円くらいかかるんでしょう?」という料金のことでしょうか。
どちらも正解ではありません。
それらは大人がする一般歯科矯正から来ているイメージで、小児歯科矯正はこれとはまた別のものです。小児歯科矯正で使うのは、取りはずし可能な装置が中心ですし、料金も一般歯科矯正ほどはかかりません。お金をかければ良い治療ができるというわけではなく、早い段階で行う小児歯科矯正だからこそ様々なメリットがあります。お子さまの将来の歯の健康だけでなく、全身の健康に大きなメリットをもたらしてくれます。

早いうちから治療を行うことで、費用・治療期間等様々な面で負担が減ります

早いうちから治療を行うことで、大人になって矯正を行うよりも費用・治療期間等様々な面で負担が減ります。

小児歯科矯正とは、子供の成長発育を利用して早いうちから歯の環境、口の環境を整えてあげる治療のことです。
「小児矯正」という言葉が使われているのは、わかりやすくするためで、正式には「咬合誘導」と言います。
これは「かみ合わせがよくなるように導く」という意味で、歯並びをよくすることや、あごの位置を整えることなどが含まれます。

小児期のうちに小児歯科矯正治療をやっておくと、本格的な矯正の必要がなくなったり、必要になったとしても軽い治療で済んだりします。「子どもだからまだいい」ではなく、「子どものうちにこそ始めたほうがいい」治療なのです。

一般歯科矯正との違い

一般歯科矯正との違い
大人と子どもの決定的な違いは、「子どもはつねに成長している」ということです。
あごの骨格も成長し続けていますし、歯も生え替わります。小児歯科矯正は、その成長をうまく利用しながら進めていきます。

永久歯が生えきってしまったあとに歯を移動させるのはとても大変で、そこからは一般歯科矯正の仕事になってきます。しかしそれ以前の小児期には、装置を使ってちょっと力を加えてあげるだけで、歯の傾きを容易に改善させることができ、歯列弓を広げたりあごの骨の成長方向を改変させることができます。理想的な歯並びに誘導していけるのです。

歯が並ぶ土台を「歯列弓」と言います。
小児矯正歯科医は、その歯列弓が今後どう成長していくかを予測し、また乳歯と永久歯の大きさの違いもを考慮し、お子さま一人ひとりの歯並びがどうなっていくかをチェックながら、よい方向に誘導していきます。
このことは、子どもの身体や歯のことを熟知した私のような小児歯科専門医が、まさに得意とするところです。お子さまの歯並びやあごの骨格で気になることがあれば、できるだけ早いうちに小児歯科専門医に診てもらうことがベストな選択となるでしょう。
こども矯正歯科ガイド 監修:妙蓮寺歯科クリニック 未来ある子どもたちに、最善の治療を致します。 お電話でのお問い合わせはこちら 電話番号 045-434-4107