ホーム > 歯並び・噛合せチェック

歯並び・噛合せチェック

歯並び・噛合せチェック

不正咬合(ふせいこうごう)が起きる原因

歯並びや噛み合わせに問題があることを「不正咬合(ふせいこうごう)」と言います。原因は大きく分けて二つです。
一つは、骨格に基因するもので、主にあごの骨格の形によって「受け口」などの問題が起きてきます。
二つめは、歯に原因があり、歯が生えてくる角度や歯の大きさによって「出っ歯」や「すきっ歯」などの問題が出てきます。

このほかに舌の形状や、困った習癖も、不正咬合の原因となります。
実際には、原因は一つではなく、複合的に重なり合って起きていることも多いです。

不正咬合があると、どういう問題が起きる?

不正咬合は、生活のさまざまな面にマイナスの影響をもたらします。

食べものがしっかり噛めない → 胃や腸など消化器に負担がかかります。
歯磨きがしにくい → 磨き残しの部分が、むし歯や歯周病の温床となります。
発音に影響する → 発音しにくい‘音‘があるなど、発音に問題が出てきます。
顔のつくりに影響する → 精神的コンプレックスになることもあります。
社会的評価に影響する → 欧米では、歯並びの悪さがマイナスに評価されることがあります。

お子さまの不正咬合をチェックしましょう

お子さまに不正咬合があるかどうか、不正咬合が起きる可能性があるかどうかを知るには、実際に小児歯科に行ってみてもらうのが一番確実です。
ただ、その前に家でわかることもありますので、次のことを参考にしてみてください。
あてはまるものがあれば、できるだけ早い受診をおすすめします

「受け口」になっていませんか?
「受け口」になっていませんか?

「受け口」とは、上下の歯を噛み合わせたときに、下の歯が上の歯よりも前に出ている状態を言います。
日本人には多いタイプの不正咬合で、お子さまの不正咬合のなかでも早期に治療を始めたほうがいいものの代表です。
なぜなら「受け口」は、あごの骨格の成長に深くかかわっているからです。

大人になってからだと、「受け口」を根本的に治すには、
大掛かりな矯正治療や、外科手術しか方法がありません。
しかしお子さまの場合は、あごの骨格がまだ安定しておらず、成長過程の途中であります。
「育ち盛りの子どもにそんなことをしても大丈夫?」と不安になるかもしれません。
------大丈夫です。
この治療は、成長を止めるわけではなく、成長の方向を調整するものですから、お子さまの身体に無理をかけるわけでは決してないのです。

「出っ歯」になっていませんか?
「出っ歯」になっていませんか?

「出っ歯」とは、上の歯、特に前歯が前方に突出している状態で、タイプの不正咬合です。

先天的に歯が大きいお子さま、歯列弓が小さめのお子さまは、「出っ歯」になりやすいです。
また、小児期の習癖から「出っ歯」になることもあります。
たとえば指しゃぶり、下唇を噛む、口呼吸などです。

そのようなお子さまには、歯列弓を広げる装置などを使います。
それに平行して、習癖をやめるよう導いていくことも、もちろん必要です。

「すきっ歯」になっていませんか?
「すきっ歯」になっていませんか?

「すきっ歯」とは、歯と歯の間にすきまができている状態です。
歯全体にすきまがある場合と、部分的な場合があります。
遺伝的に歯が小さいと、全体的にすきまができたりします。

小児歯科にはよくこの「すきっ歯」の相談がありますが、心配のないケースも少なくありません。
たとえば乳歯が「すきっ歯」になっているのであれば、問題のないことが殆どです。
このあとに乳歯よりも大きい永久歯が生えてくるわけですから、そのくらいのスペース的なゆとりがあったほうが、むしろいいくらいです。

永久歯の上の前歯が、「ハ」の字型に開いて出てきたという相談もよくあります。
これもたいてい心配いりません。その脇にある歯が次々に大きな永久歯に生え替わっていけば、すきまがそれに押されて自然に閉じてくるからです。

すきっ歯になる原因はその他様々なものがありますが、そのうちの一つとして
上唇小帯(じょうしんしょうたい)の付帯異常や正中埋伏過剰歯(せいちゅうまいぼつかじょうし)などが考えられます。
「上唇小帯」というのは、上唇と歯茎をつなぐ筋の部分のこと。
この筋が上の前歯2本の間まで伸びている状態が「上唇小帯の付帯異常」です。
これが起きると、上の前歯がいわゆる「すきっ歯」になってしまいます。
上の前歯が「ハ」の字型に生えてくるのはよくあることですが、ふつうは自然に閉じていきます。
しかし「上唇小帯の付帯異常」があると、いつまでも閉じないケースが多く認められます。

余談ですが、これは世界共通のママたちの悩みのようで、どの国のママたちも、「うちの子の前歯にすきまがあるんです!」と歯科に駆け込んでくるのだそうです。
上の前歯が「ハ」の字になっている時期を示す「Ugly ducking stage(醜いアヒルの子の段階)」という英語も存在するくらいです。

また過剰歯が認められる場合は、摘出する必要があります。

ただし永久歯が並びきった時点で「すきっ歯」があるのは、矯正治療の対象となりえます。
並びきる前にも、早めに一度受診しておくと安心でしょう。

舌の異常を指摘されたことはありませんか?

お子さまの舌の小帯の異常が、不正咬合の原因となる場合もあります。
たとえば次のような症状があります。

舌小帯強直/舌小帯付着異常
「舌小帯」というのは、舌の裏側の真ん中から口の底にのびている筋のことです。
これが先天的に短いのが「舌小帯短縮症」で、哺乳や食事、発音など、さまざまな面にマイナスの影響があります。a-list、 a-read、 a-writeを使用して下さい。舌がつねに下の前歯を押している状態になりやすいので、下の前歯が前方に傾斜してしまうこともあります。

以上のような舌の形の異常は、検診などのときに指摘されることがあります。
舌の改善だけでなく、不正咬合の観点からも、注意してみてあげてください。

お子さまの発音は大丈夫ですか?

不正咬合が、お子さまの発音に影響することは少なくありません。
逆に言うと、お子さまの発音に気になることがあれば、不正咬合が原因となっている可能性があるのです。小さなお子さまは、正しく発音できない音があったり、舌足らずであったりするものです。
しかし発音の完成期と言われる6歳から7歳になっても発音に問題が残るようなら、念のため一度受診してみてください。

ご両親に不正咬合はありませんか?

不正咬合には、先天的な要素が大きくかかわっています。
骨格の形や、歯の生え方は、どうしても遺伝していくものだからです。
お子さまの歯並びや噛み合わせにまだ問題がないように思えても、ご両親のどちらかに不正咬合や、歯科矯正歴があるなら、お子さまが小さいうちに一度受診されることをおすすめします。
また、世代を越えて、祖父や祖母、または叔父や叔母などにも聞いてみましょう。

困った習癖はありませんか?

不正咬合には、後天的なものが原因となることもよくあります。
その代表が、いろいろな困った習癖。
これについての対応は、早ければ早いほどいいでしょう。
主なものは次の通りです。

■指しゃぶり
指しゃぶりは「出っ歯や歯列弓の狭窄」などの原因となりますので、1歳から2歳半ぐらいまでにやめさせたいものです。
2歳半までにやめれば、歯並びに影響を与えないというのが、各学会の共通見解です。おしゃぶりについても同様です。

■下唇を噛む
緊張したときや、悔しい気持ちのときに、下唇を噛むクセがあるお子さまがいます。
このとき前歯がぐっと押し出されるので、これが癖になると「出っ歯」の原因にもなります。

■ほおづえ
読書をしているとき、宿題をしているとき、またはテレビを見ているときに、お子さまがいつもほおづえをついてはいないでしょうか。
ほおづえもまた「出っ歯」などの不正咬合の原因になりえるのです。
歯列が押し出されて、前歯が出てきたり、歯列弓の型が左右非対称となって歯が綺麗に並びきらない原因となります。

■歯ぎしり
歯ぎしりの主な原因は精神的なストレスです。
ただ、上下の歯の噛み合わせの悪さから来る歯ぎしりもあります。
お子さまの歯ぎしりが気になる場合は、小児歯科で噛み合わせをチェックしてもらうといいでしょう。
ただし、多くはあごの成長が原因であることが多く、その場合はあえて何もしないほうがいいのです。

抜けた乳歯、欠けた乳歯はありませんか?

乳歯から永久歯に生え変わる時期(個人差があります)というものがあります。
これを変換期といいます。しかしさまざまな原因により、乳歯を失うケースがあります。

「乳歯がむし歯になって抜けてしまった」
「治療で抜いてしまった」
「転んだときに歯が欠けてしまった」


これらを放置していると、永久歯が乱れて生えてくる可能性があります。
これを防ぐためには、乳歯が抜けた(抜いた)後に「保隙」という処置をする必要があります。

こども矯正歯科ガイド 監修:妙蓮寺歯科クリニック 未来ある子どもたちに、最善の治療を致します。 お電話でのお問い合わせはこちら 電話番号 045-434-4107