ホーム > 小児矯正の種類

小児矯正の種類

小児矯正の種類について

噛合せが合っていない、深い、下の前歯が上の歯で隠れてしまう場合

バイトプレート

バイトプレート・・・着脱可能な矯正器具装置です。レジンと呼ばれる樹脂素材でできており、顎の上下の噛合せを正常に戻すよう働きかけてくれます。
 (費用 12万円~15万円)

バイトプレートは噛みあわせの深さを調整して正す装置で、咬合挙上板(こうごうきょじょうばん)とも呼ばれます。
主に混合歯列期(乳歯と永久歯が混合している状態)の過蓋咬合(かがいこうごう)とよばれる噛合せが深い状態の治療に使用され、低くなった噛み合わせを高くするために用います。
ワイヤー矯正による矯正治療が終わると、保定装置(リテーナー)としても使用されます。

その他受け口のお子さまの場合

チンキャップ・ムーシールド等を使用して治療を行います。お子さま一人一人によって治療は様々です。まずはご来院頂き、お子さまのお口の中を見せてください。
 (費用 10万円~17万円)

顎が小さいことが原因で、歯が綺麗に並ばない 等の場合

上顎拡大
顎拡大装置(側方拡大)・・・顎の骨をゆっくりと広げ、歯をできるだけ抜かずに歯列矯正してくれます。中央の「拡大ネジ」と呼ばれるネジの幅を外側に広げることで徐々に顎の幅を広げていきます。
 (費用 12万円~15万円)
上顎拡大2
上顎拡大装置(前方拡大)
リンガルアーチ
リンガルアーチ(クワドヘリックス)・・・歯の裏側にはり糸を装着する、目立たない矯正装置です。これは、1~2本の歯を移動させることを目的とし、また第1大臼歯の移動を防止する働きもあります。
 (費用 8万円~12万円)

指しゃぶりやおしゃぶり、舌を歯で押す癖があり、噛合せが合わない場合

ハビットブレーカー
ハビットブレーカー・・・バイトプレートの一つである矯正装置です。舌が歯を押し出す場合に、フェンスを作って防ぎながら噛合せを揃えてくれる装置です。
 (費用 12万円~18万円)



リップバンパー・・・下唇の緊張が強いお子さまに用い、下口唇の力を排除する装置です。
 (費用 12万円~15万円)

歯のいち部分だけ矯正したい場合

マルチブラケットを用いたセクショナルアーチ・・・部分的なワイヤーによる矯正です。
 (費用 5万円~20万円※歯数により差があります。)

その他矯正器具のご紹介

マウスピース T4K・・・子供の歯が乳歯列から混合歯列期に完全に生え変わる前に行う治療です。取り外しが簡単にでき、家にいる時および寝ている時に着用して頂く治療法です。これを用いることで悪いくせも治すことができます。
 (費用 10万円~15万円)

ムーシールド・・・反対咬合をマウスピースを用いて行う治療です。比較的低年齢のお子さまに行うことが多いものです。場合によってはF.K.O(ワイヤーの入ったレジンブロック)を用いることもあります。
 (費用 10万円)

早い時期に乳歯を失ってしまった場合

クラウンループか、保隙用リンガルアーチを使い、「六歳臼歯」が所定位置からの傾斜や移動してくることを防止します。これらが傾斜することにより萌出する場所が狭くなります。このため異所萌出の原因となってしまいます。

実際の矯正治療はお子さまのお口の状態によって様々であり、決まった治療法というのはありません。
妙蓮寺歯科クリニックへまずはご来院頂き、お口の状態を確認してその子に最適な治療を提案致します。どうぞお気軽にご相談下さい。
スペースリゲーナー
スペースリゲーナー・・・下顎の永久歯が生えてくる際の場所が無い、狭いという場合に使用する装置です。ある程度場所が確保できたらリゲーナーとして使用することができます。
(費用 12万円~15万円)

矯正歯科治療の最後に・・・

リテーナー
リテーナー(保定装置)・・・矯正が終了し、綺麗に並んだ歯を安定させるための装置です。
 (費用 5万円)
スプリングリテーナー
スプリングリテーナー・・・下顎に装着する保定装置です。舌の力を逃がして歯が動かないようにしてくれます。
 (費用 5万円)
※費用については別途分析料を頂いております。
こども矯正歯科ガイド 監修:妙蓮寺歯科クリニック 未来ある子どもたちに、最善の治療を致します。 お電話でのお問い合わせはこちら 電話番号 045-434-4107