ホーム > スタッフ紹介

スタッフ紹介

矯正スタッフ紹介

関  龍彦(歯学博士)

関龍彦(歯学博士)

妙蓮寺歯科クリニック院長
●  医療法人社団 龍ノ歯会 理事長
● 日本小児歯科学会、日本障害者歯科学会
   日本外傷歯学会、日本先進インプラント医療学会所属

日本小児歯科学会認定小児歯科専門医
   鶴見大学歯学部小児歯科学講座 研究員
   歯科医師臨床研修指導医

鶴見大学歯学部小児歯科学教室に入局と同時に、鶴見大学大学院歯学研究科に進学。
その後博士号を取得。
その後平成13年、現在地に「妙蓮寺歯科クリニック」を開院。
鶴見大学小児歯科学講座研究員として在籍。
メインの小児歯科・小児矯正のほか、一般歯科や審美歯科の診療もおこない、
障がいを持つお子さまたちの治療にも力を入れています。
プライベートでは、高校生と中学生の子どもがいる。
趣味の野球ではピッチャーを務め、チームのエース的な存在です!(笑)

挨拶

妙蓮寺歯科クリニックを横浜のこの地に開業してから10年以上がたちました。
東急東横線妙蓮寺駅すぐそばのクリニック周辺には閑静な住宅街が広がっており、お子さまからお年寄りまで、幅広くいろいろな年齢層の方たちが、日々来院されています。

私は医師の家系に生まれ、患者さんのことをつねに第一に考える父や祖父の背中を見て育ちました。
病気ではなく「人」を診る医師であること。
患者さんの日常生活や心の状態も含めた今の姿に寄り添う医師であること。

これらは私自身の信条となっています。

「歯科にも多くの科があるなかで、なぜ小児歯科医になったのですか」とよく聞かれます。
その問いに対する私の答えは「やりたい治療が多くひとつの科を選ぶことができなかったから」です。
小児歯科には一般歯科の要素もあれば、外科的な要素もあり、矯正治療もおこないます。
あれもやりたい、これもやりたいとよくばって専門を絞りきれなかった私にとって、「小児歯科」という分野は非常に魅力的でした。
欲ばりだから小児歯科の専門医になったんです。

また子供たちに対して、一人一人の身体と心の成長を考えながら真剣に治療に取り組めるというところにもやりがいを感じました。私は子どもが大好きです。そして歯の健康は、子どもの人生を左右するほど重要なことです。ですから子どもたちには早いうちから歯やお口の中の環境をできるだけよい状態にしてあげたい。そのために最善の治療をしてあげたい———そんな思いを強く持っているのです。

小児歯科学教室時代の主任教授は、次の言葉をよく口にされていました。
High quality treatment for children.
-質の高い治療を子供達へ-
子どもだから、乳歯だから、いい加減な治療でいいというわけでは決してありませんよ──そういう言葉です。
現在ではHigh quality treatment for children にand everyoneという言葉を付け足し、子供だけではなく、大人も含め、全ての人に質の高い治療を!という言葉に変えています。
私は歯科医師になってからは、ずっとこの想いで日々の診療にあたってきました。
「自分の子に質の高い治療を受けさせたい」
「他院では治療中に泣いてしまい、子どもの歯科治療を断られてしまった」
「むし歯や不正咬合の治療をしてほしいのに、歯科医師に『まだ小さいから様子を見ましょう。』と言われてしまった」
──そのような親御さんは、ぜひお子さまといっしょに妙蓮寺歯科クリニックにいらして下さい。お子さまにとっての最善を一緒に考えましょう。

こども矯正歯科ガイド 監修:妙蓮寺歯科クリニック 未来ある子どもたちに、最善の治療を致します。 お電話でのお問い合わせはこちら 電話番号 045-434-4107