ホーム > 小児歯科と小児矯正の関係

小児歯科と小児矯正の関係

小児歯科と小児矯正には切り離せない関係があります

小児歯科と小児矯正には切り離せない関係があります

たとえば乳歯にむし歯ができたとき、その治療はもちろん小児歯科の仕事です。
しかし外傷により歯が抜けてしまったり、抜歯せざるを得なかった場合は、小児矯正の見地から将来の歯並びのことを考え、「保隙」という処置をおこなう必要があります。将来大人になってから歯周病の悪化にも影響してきます。

なぜなら、歯並びが悪いと、むし歯ができやすくなるからです
きれいに並んだ歯に比べ、ガタガタに乱れた歯並びでは、どうしても磨き残しができてしまうからです。
また矯正治療中は、治療をしていない時期に比べてむし歯ができやすくなります。歯磨きの際に矯正装置が邪魔になるからです。そのため小児歯科医は、お子さまの歯磨き指導や、むし歯の検査を行います。


要するに、むし歯は歯並びに影響しますし、歯並びの悪さはむし歯の温床を作ります。
小児歯科と小児矯正が密接な関係があるというのは、そういうことなのです。
当クリニックで診療にあたっているのは、小児矯正について熟知した小児歯科専門医ですから、両方の視点からお子さまの歯の健康をしっかりサポートしています。

むし歯の治療やフッ素塗布で来院されたお子さまには、歯並びまで細かくチェックしていますし、矯正治療中のお子さまには、むし歯になりかけている歯はないか、つねに細かくチェックしています。

当院では定期的なご来院と、お早目のご相談をお薦めしております

当院では定期的なご来院と、お早目のご相談をお薦めしております

患者さんの中にはご来院するタイミングが遅くなり、当院で治療することが出来ず、他の矯正専門の歯科医院様をご紹介する場合もあります。親御さんが歯並びを心配されて来た場合、「小児矯正治療」の範囲を越えてしまう場合があるのです。

しかし矯正治療を「できるだけ早いほうがいい」と言われても、具体的にいつ診てもらったらいいのか、親御さんは迷ってしまうかもしれません。自分の子どもに矯正が必要かどうかの見きわめも難しいと思います。

ひとつの目安として、就学前に一度受診してみてはいかがでしょうか。
お子さまの将来の歯並びがだいたい見えてくるのが7歳ぐらいだからです。

その前でも、もし気になることがあれば、気軽に小児歯科医に相談してみることをおすすめします。
小児歯科治療のひとつとして、むし歯治療やむし歯予防・フッ素塗布で来院したついでに、歯並びのことを相談してみるのもいいでしょう。
少し早めに治療目的で良いので来院して頂き、定期的に経過観察を行うことが大切なのです
そしてお子さまの歯並びに気を遣ってアンテナを張り、ベストなタイミングで治療が行えるよう、チャンスを逃さないようにすることが大切です。

最近は幼稚園や保育園、小学校の歯科検診でも歯並びをチェックしますから、そこで指摘を受けたことをきっかけに受診するのもいいでしょう。
「うちの子は問題なさそうだけど、念のため受診しよう」ということでもいいと思います。
そのときに、「ではすぐに矯正を始めましょう」ということになるかもしれないし、「永久歯がもう少し出てきたら始めましょう」となるかもしれません。あるいは、「問題なさそうですが、また半年後に来てくださいね」と言われることもあるでしょう。

小児歯科というのは、一度行っておしまいというところではありません。
お子さまの歯や骨格はつねに成長し続けているからです。
当クリニックでは、むし歯や歯並びのチェックのために、少なくとも半年に一度は来院されることをおすすめしています。

症状別に言うと、歯並びの問題のなかでも、
「受け口」などの骨格的な原因から来ているものは、早めに治療をスタートさせることが肝心です。
骨格の問題ではなく、歯の傾きや生えてくる位置の異常が原因で歯並びが乱れている場合は、治療を急ぐ必要のないこともあります。そのようなお子さまは、まず定期的な通院で経過を観察していきます。その途中で矯正が必要と判断されたら、タイミングをみて治療を始めますが、永久歯が出てきたときに自然と治る場合もあります。

こども矯正歯科ガイド 監修:妙蓮寺歯科クリニック 未来ある子どもたちに、最善の治療を致します。 お電話でのお問い合わせはこちら 電話番号 045-434-4107